横浜市青葉区の歯医者 | すすき野デンタルクリニック
HOME>入れ歯

保険外

おいしく食事をしていますか?

金属床義歯とは、主要部分を金属で作った入れ歯です。
レジン(プラスチック)に比べて上部な素材である金属を使うため、
快適で、たわまず、丈夫な入れ歯を作ることが可能になります。
金属ならではの薄い仕上げは違和感を少なくし、
お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで、
一層おいしく食事を楽しむことができます。

それぞれの特徴を活かした入れ歯
名称 写真 特徴 患者さんの声
ノンクラスプ義歯
(床を延長したバネ)

・目立ちにくさ
★★★★★
・つけ心地
★★★★★
スマートデンチャー
スマートデンチャー
金属のバネが無いため、見た目が奇麗で入れ歯と気付かれません。水分吸収を抑えたプラスチックの素材で、衛生的です。金属床との併用をおすすめします。 金属のバネは目立つので、ピンク色のバネはいいですよね!はめる時に痛くないですしね。
(Mさん)
Iバークラスプ
(目立ちにくい形のバネ)

・目立ちにくさ
★★★★
・つけ心地
★★★★
Iバークラスプ
Iバークラスプ
お口を開いた時に、金属の部分があまり見えません。また粘膜に均一に力がかかるので、残っている歯の負担も軽くなります。 口元を押さえずに笑う事が出来るようになった。針金も唇に隠れて目立ちにくいしね!
(Nさん)
ゴールドクラスプ
(金色のバネ)

・目立ちにくさ
★★★
・つけ心地
★★★
ゴールドクラスプ
ゴールドクラスプ
ゴールドは、細かい設計が可能で加工も容易なため歯にピッタリとおさまります。銀色のバネよりお口が明るくきれいに見えます。 なんていったって体にやさしいでしょ。口の中でも馴染みやすいですし!
(Sさん)
コーヌスデンチャー
(バネのない入れ歯)

・目立ちにくさ
★★★★★
・つけ心地
★★★★★
コーヌスデンチャー 茶筒のふたは、摩擦の力により抜けにくい構造になってます。コーヌスデンチャーはその原理を利用した入れ歯です。バネがなく、動きにくいので、まるで自分の歯のようです。 針金が全くないから入れ歯という事がわからないし、なんでも噛めるよ!
(Iさん)
名称 特長 総入れ歯 部分入れ歯
ゴールド床 ゴールド床総入れ歯 ゴールド床部分入れ歯 ゴールドは腐食による変色が起こらず、精密な加工を行ないやすい金属です。
お口の中で明るく美しいだけではなく、身体に優しい素材です。
コバルト床 コバルト床総入れ歯 コバルト床部分入れ歯 金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。
熱を伝えやすく清潔で美しい状態で、永く快適にご使用いただけます。
チタン床 チタン床総入れ歯 チタン床部分入れ歯 近年話題の最先端金属です。腐食せず、軽くアレルギー反応を起こしにくい、身体に優しいチタンを使用します。イオンプレート仕上げで金色に加工、清潔で美しい状態を永く保つことができます。
金属床の特徴
薄く快適
違和感も少なく、お口の中が広く感じます。
温度が伝わる
熱さや冷たさも味わいのひとつです。
金属床は温度をよく伝えるのでおいしく食事ができます。
丈夫で残った歯にも優しい
部分入れ歯の場合、残っている歯にバネをひっかけますが、
金属床の入れ歯はその残っている健康な歯にあまり負担を掛けません。
見た目に目立たない工夫
部分入れ歯を固定するためのバネを目立たないように仕上げることができます。
前歯に入れ歯の大きなバネが見えることに抵抗がある方にはお勧めです。
修理、リフォームも可能
万一入れ歯が破損したり、ご自分の歯が抜けたりしても金属床の場合レーザー溶接で修理、
補修できますので永くご愛用いただけます。