横浜市青葉区の歯医者 | すすき野デンタルクリニック
HOME>やさしい歯医者ブログ

やさしい歯医者ブログ

最高の美術館
どうしても訪れたかった場所。

オランダ最大の国立公園デ・ホーヘ・フェルウェの森に包まれるように建つ美術館、
クレラー・ミュラー美術館です。

アムステルダムのゴッホ美術館とこちらのクレラーミュラー美術館が所蔵しているゴッホ作品は合わせて油彩290点、デッサン約680点以上。

ゴッホ美美術館はゴッホの弟テオの奥様の元の遺された作品が現在の美術館の所蔵となっていますが、このクレラー・ミュラー美術館はオランダ最大の富豪と言われたアントン・クレラー・ミュラーの妻、ヘレン・クレラー・ミュラーが買い集めたコレクションで成り立っています。

まだ国際的に評価が定まっていなかったゴッホ作品を嵐のような勢いで買い集め、世界で有数のコレクションを築き上げた後、ミュラー社の経営危機に陥り、美術館設立を条件に広大な敷地と共にコレクションをオランダ政府へと譲渡。
その後その土地は国立公園となりその敷地内に約束通り美術館が設立され、ヘレン・クレラー・ミュラーが初代館長となります。

彼女は生涯で立った一枚しか売れなかったというフィンセント・ファン・ゴッホの才能を正しく評価したコレクターだったのですね。




さ、中に入ります。
この美術館に訪れるのが嬉しくて嬉しくてテンション上がります!!




まず・・・モネの作品(1871年) 



そしてルノワールの作品(1877年)



スーラの作品(1886年)も。



何気なくピカソの作品(1919年)も。



そしてここからが怒涛のゴッホ作品。

『種まく人』(1890年)
昔教科書で見たまま・・・・すごい。



『4輪の枯れたひまわり
(1888年)



そしてそして幼少期、ゴッホ作品で一番好きだったこの作品に出会えました!!
糸杉と星の見える道 (1890年)



嬉しい~!



このようなタッチを間近で・・・感動!



そしてアルル時代を代表する有名なこの作品も。

夜のカフェテラス(1888年)



素晴らしいです。



花咲く桃の樹(1888年)



横の説明文をただ訳すと『ジャガイモ農家』(1885年)
オランダかアントワープにいた頃の作品。
ミレーの模写のようですね。




こちらも訳すと『女性の頭部』(1885年)
この作品も昔本で見た気がします・・・。



そしてオランダ、ニューネンにいた頃はこのような絵も描いているのですね。
訳すと『牛車』(1884年)



上の作品と同じころの作品・・・・
訳すと『日没時のポプラ並木』(1884年)



もっと若いころの作品はこちら。
オランダ、エッテンにいた頃の作品。
訳すと『麦わら帽子のある静物画』(1881年)



ゴッホは最初、色々な画家の模倣をしていた、と聞きますが本当に様々なタッチの絵があります。
オランダ時代、ベルギー・アントワープの時代、そしてフランス・パリの時代・・・・アルル時代、サンレミ時代・・・
と本当に時代時代でこれだけ違うのですね。

37歳で生涯を終えるまでこれだけの作品を残すフィンセント・ファン・ゴッホ。
これらの時代の流れを有名作品で見ることが出来ると勉強になり、
今まで様々な場所で見てきたゴッホ作品の歴史が繋がった感じがします。


こちらは『プロヴァンスの積みわら』(1888年)



ちょっと訳せなかったのですがこちらは1890年の作品。



訳すと『芝刈機と太陽とトウモロコシ畑』なのですが、
多分『麦畑の刈入れ』(1889年)もしくは『麦刈る男』(1889年)



そして有名な『アルルの跳ね橋』(1888年)



『郵便配達夫ルーラン』(1889年)
こちらもかなり有名ですね、



上の絵画のルーラン夫人オーギュスティーヌ・ルーランの肖像画
『子守歌』(1889年)
こちらも有名ですね~。
ゴーギャンの影響が少しありそうなタッチですね。




これら数々のゴッホ代表作品がこのような空間でじっくり見られます。
素晴らしい美術館です、本当に。



ピカソの作品・・・フクロウ。




ジャコメッティの作品もこんなに間近。



満喫!!!!!
今まで様々な美術館に行きましたが、クレラーミュラー美術館、こちらは落ち着いて作品が見られ、かなり心に残る美術館でした。



アムステルダムからは少し遠かったけれど、寄り道して本当に良かった・・・。



 



投稿者 すすき野デンタルクリニック  ( 2015.11.02 ) | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
寄り道

ヒースローに向かいましたのは乗り換えてアムステルダムに来るため。
ちょっと寄り道。
大好きな美術館に来るために。

オランダは私にとって絵画の宝庫。
まずアムステルダム国立美術館へ再び。




この暗さが良い。



レンブラントの『夜警』



こんなに大きな絵画なのですよ。



フェルメールの『牛乳を注ぐ女』



同じくフェルメールの『恋文』



こちらもフェルメール『小路』



フェルメール作品も4作品所蔵しているのですが
残念ながら一つ貸し出し中でした・・・・。

マイセンのお部屋なども素敵です。




すごく時間はかかるけれど何度訪れても新しい発見がある美術館です。

アムステルダムにはもう一つ、フィンセント・ファン・ゴッホ美術館も見逃せません。




こちらは新しくなったゴッホ美術館。
前に来た時よりも近代化していて鑑賞しやすくなっていました。

でも撮影は禁止・・・・・。




ひまわりは圧巻。

作品は撮影禁止なので絵の写真はないですのですがスクリーンを撮ってみます・・・。
渓斎英泉の「雲龍打掛の花魁」を模写したと言われている作品など
素晴らしいファン・ゴッホの世界が広がっています。




一緒にムンク展も開催されていて、『叫び』、鑑賞。

でも今回の私の目的はもう一つの美術館。
これから一時間半かけて車で移動です。

つづく・・・







 





投稿者 すすき野デンタルクリニック  ( 2015.11.01 ) | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
機内にて
羽田からヒースローに向けて出発です。



そう、今回はファーストクラス!
長距離国際線ファーストクラスは学生の時に父の出張に付いていった以来。
あの時いつか私も自分自身で乗りたいな、と夢見ていたので今回、叶えてみました。
昔もワクワクする空間で素敵だったけれど、現在はフルフラットになり、個室のような空間。
あの頃よりより進化したJALの座席を堪能です。



担当してくださった美しいCAさんから幻のシャンパン、SALONを注いでいただきます。






機内食はミシュラン3つ星に毎年輝き、
世界のレストランにもランクインしている六本木「龍吟」山本征治シェフ監修の和食をチョイス。

季節の小皿 五彩




お食事に合うお茶もこんなに素敵なボトルから注いでくれます。



お椀 椎茸とホタテの真蒸、松茸の贅沢椀




海鮮 伊勢海老と煮鮑 生姜の塩昆布で
    栗の生成茶碗蒸しとキャビア



台の物 和牛フィレ肉と松茸 白ご飯にちりめん山椒
 


甘味 六本木プリン ミカンと梨・スダチの氷菓・金木犀のジュレ
    龍吟名物ピスタチオ仕立ての松風



機内食、苦手だけれど今回は少し食べられた気がします。

食後、折り紙を折っていたら、CAさんの中に折り紙大好きな方がいらして、盛り上がり・・・・。



とても楽しくなり、ここから、折り紙を沢山折って差し上げます。
本当はパソコンに向かわなければならないのに・・・。
着心地良いJAL first classオリジナルのパジャマもいただき本当に至れり尽くせりの空間で。



JALといえば鶴なので華やかな鶴も沢山折りました!
もちろん薔薇も。
蛙が意外と好評。
大好きな折り紙、あっという間にこれだけ折ってしまいました・・・・・。



コックピットとファーストクラス間のデッキに飾ってくださり、
「これから私たちのフライトと時はこの折り紙を飾らせていただきます!」
と嬉しいお言葉。




これからこの折り紙達、沢山旅をしてくれるといいなぁ・・・。



CAさん達のおかげでとても楽しい時間を過ごせました。
ファーストクラスも満喫!
あっという間にヒースローへ到着です。







 


投稿者 すすき野デンタルクリニック  ( 2015.10.31 ) | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
欧州へ・・・
欧州学会へ出発。

今回は羽田の去年新しくなりましたファーストクラスラウンジからスタートです。



わぁ、NHKのプロフェッショナルで見た左官職人挟土秀平さんのアートからスタート!



シェフもいらっしゃいます。朝の便、今の時期はガレット
焼きたては良いですね~ホテルみたい。



去年新しくなってからずっと訪れたい場所だったので少しゆっくりします。



ライブラリールームにはジョンロブの靴磨きの方が常在。
私も少しブーツをきれいにしていただきました。
旅に出るのに美しい靴でお出かけできるなんて素敵な考えですね。



ジョンロブ社のCEOから送られた絵や、世界の書籍などが置いてあるスペースは落ち着きます。



奥にはバールーム。
こちらはローランペリエのシャンパンが置いてあります。



ギャラリールームは旅を想起させるアイテムで埋め尽くされています。



素敵~。



そしてプレイルーム。
ゲームも面白いけれど、経路図の壁紙や帽子の照明に驚かされました。



ファーストクラスラウンジ、あまり人がいなかったので独り占めです。



さ、これから搭乗です。



 





投稿者 すすき野デンタルクリニック  ( 2015.10.29 ) | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
すすき野デンタルクリニックのお花
今週のお花

久しぶりにブログですみません。

雲竜柳、フウセントウワタ、ユリ、アジサイ。
とても華やかなエントランスです。



花壇はジャコバサボテン。



受付はこちら。




今月の蘭こちら。



先日欧州の方に勉強会がありまして、ブログがご無沙汰でした。
次回からはその模様を・・・・。



 


投稿者 すすき野デンタルクリニック  ( 2015.10.28 ) | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

« 2017年5月 
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去の記事

・2017年5月 (1)
・2017年3月 (4)
・2017年2月 (2)
・2017年1月 (3)
・2016年12月 (4)
・2016年11月 (2)
・2016年10月 (3)
・2016年9月 (3)
・2016年8月 (4)
・2016年7月 (7)
・2016年6月 (5)
・2016年5月 (3)
・2016年4月 (4)
・2016年3月 (3)
・2016年2月 (4)
・2016年1月 (4)
・2015年12月 (9)
・2015年11月 (8)
・2015年10月 (5)
・2015年9月 (8)
・2015年8月 (5)
・2015年7月 (15)
・2015年6月 (7)
・2015年5月 (5)
・2015年4月 (7)
・2015年3月 (9)
・2015年2月 (7)
・2015年1月 (10)
・2014年12月 (11)
・2014年11月 (8)
・2014年10月 (9)
・2014年9月 (7)
・2014年8月 (8)
・2014年7月 (7)
・2014年6月 (9)
・2014年5月 (12)
・2014年4月 (8)
・2014年3月 (8)
・2014年2月 (7)
・2014年1月 (11)
・2013年12月 (9)
・2013年11月 (7)
・2013年10月 (5)
・2013年9月 (12)
・2013年8月 (11)
・2013年7月 (13)
・2013年6月 (8)
・2013年5月 (12)
・2013年4月 (7)
・2013年3月 (8)
・2013年2月 (9)
・2013年1月 (11)
・2012年12月 (12)
・2012年11月 (9)
・2012年10月 (12)
・2012年9月 (10)
・2012年8月 (13)
・2012年7月 (11)
・2012年6月 (16)
・2012年5月 (17)
・2012年4月 (16)
・2012年3月 (15)
・2012年2月 (10)
・2012年1月 (12)
・2011年12月 (7)
・2011年11月 (15)
・2011年10月 (11)
・2011年9月 (10)
・2011年8月 (10)
・2011年7月 (15)
・2011年6月 (14)
・2011年5月 (14)
・2011年4月 (11)
・2011年3月 (15)
・2011年2月 (16)
・2011年1月 (17)
・2010年12月 (17)
・2010年11月 (22)
・2010年10月 (27)
・2010年9月 (20)
・2010年8月 (27)
・2010年7月 (33)
・2010年6月 (32)
・2010年5月 (20)
・2010年4月 (23)
・2010年3月 (19)
・2010年2月 (9)
・2010年1月 (7)
・2009年12月 (10)
・2009年11月 (6)
・2009年10月 (9)
・2009年9月 (19)
・2009年1月 (1)
お問い合わせ

tel

ご質問等お気軽にご相談下さい。